海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 三重県 志摩市 大王埼灯台

三重県 志摩市 大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

灯台データ

  • 初点灯: 1927(昭和2)年
  • 灯台の高さ: 22.5m
  • 灯りの高さ: 45.53m
  • 形状: 白色・塔形
  • 灯質: 単閃赤互光
  • 光達距離: 白光・約34km 赤光・約30km
  • レンズ: LU-M型
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:リアス式海岸の風景が美しい志摩半島

灯台が建つ志摩市は志摩半島の南部に位置し、周辺は伊勢志摩国立公園に指定。海岸はリアス式の険しい造形が風光明媚な風景は創出している。また温暖で豊饒な漁場では海女文化も息づく。

気象:温暖で恵まれた気候

気温は年間平均15~17℃、黒潮に面した温暖な海の影響もあって四季を通じて比較的寒暖差がない。周辺では温暖性の常緑広葉樹や南国に咲く海浜植物も見られる。年間降雨量、年間降雨日数はほぼ全国平均並み。

歴史:海に由来する地名が歴史を物語る

灯台の建つ大王町(2004年に志摩市に合併)は船越、波切、名田(灘)と海に由来する地名が多くみられるほど海と密接な関係にある。歴史を紐解くと、 1830(天保元年)にこの地で難破した幕府の御用船巡る「波切騒動」が起きている。

伝説:天照大御神が隠れたとされる「天の岩戸」

市内で名水が湧く岩穴「恵利原の水穴」は、「天の岩戸」としての伝承も有する。天照大御神が弟・須佐之男命の悪事を戒めるために隠れていた伝説の場所で、神聖な空気を感じる観光地としても知られる。

漁業:海女による伝統漁法

四季を通して多様な魚介類が水揚げされる志摩市。定置網、刺網、はえ縄、一本漁など多彩な漁業が営まれている。また鳥羽・志摩の海では「万葉集」や「延喜式」にも記されるほど古から海女の素潜りによる漁が息づき、アワビをはじめとする貝類や海藻を獲られる。

農業:「志摩そだち」など稲作が盛ん

温暖な気候と海からのミネラルが補充される島の土壌では、温州ミカンに代表される柑橘類の栽培、乳牛の畜産が盛ん。また水稲農業では「志摩そだち」に代表されるコシヒカリなどが育てられている。

食文化:郷土料理「手こね寿司」

漁師が船上で獲れたての魚を調理し、ご飯にまぜて食す「手こね寿司」。カツオを千切りにして醤油をつけて酢飯とあわせて豪快に混ぜ、手で食べたのが始まりとされ、おもてなしの郷土料理として評判。

ロケ地:新旧の名匠が撮りたくなるまち

古くは小津安二郎監督の「浮き草」、大場秀雄監督「君の名は」。近年では阪本順治監督の「半世界」、三木康一郎監督の「弱虫ペダル」など、志摩市は新旧名作の映画のロケ地としても有名。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

北海道
北海道

積丹郡積丹町

神威岬灯台

アイヌ語で「神」を意味する“カムイ”の名を冠する灯台。灯台へ続く遊歩道「チャレンカの小道」は起伏に富み、300度で見渡せる丸い水平線や神秘的な「積丹ブルー」の海など、まさに神の領域のような絶景の中に建つ。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から長崎、普賢岳のパノラマの眺望は絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

三重県
三重県

鳥羽市

菅島灯台

三重県鳥羽市の沖にある菅島に建つ灯台。現役灯台としては日本最古のレンガ造灯台で、ブラントンの設計による搭形は歴史的価値の高さを認められ、Aランクの保存灯台に指定されている。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

高知県
高知県

土佐清水市

足摺岬灯台

四国の最南端に建つ灯台。第二次世界大戦中に米軍機の機銃掃射を受けた歴史を持つこの灯台は、老朽化に伴いデザイン灯台へと一新。そのロケット型のフォルムには地域発展・世界平和などの願いが込められている。

岩手県
岩手県

大船渡市

碁石埼灯台

末崎半島の先端となる碁石岬に建つ灯台。沿岸小型標識として、入り組んだ沿岸や大船渡湾などを航行する船舶の目標として設置された。三陸復興国立公園に指定された碁石海岸の一角として、灯台周辺は整備されている。

兵庫県
兵庫県

淡路市

江埼灯台

1867(慶応39年、江戸幕府と英国公使が兵庫開港に備えて大坂条約締結の際に5つの灯台の建設を約束。その最初に建てられた。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による御影石を使用した石造りの洋式灯台。

沖縄県
沖縄県

中頭郡読谷村

残波岬灯台

沖縄本島、東シナ海に面する残波岬の突端に立つ。終戦後、米軍の実弾練習場だった場所に建てられた白亜の灯台で、日本返還後に初点灯。灯台周辺は現在、沖縄海岸国定公園に指定され、沖縄本島有数のスポットとなっている。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE