海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 三重県 志摩市 大王埼灯台

三重県 志摩市 大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

灯台データ

  • 初点灯: 1927(昭和2)年
  • 灯台の高さ: 22.5m
  • 灯りの高さ: 45.53m
  • 形状: 白色・塔形
  • 灯質: 単閃赤互光
  • 光達距離: 白光・約34km 赤光・約30km
  • レンズ: LU-M型
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:リアス式海岸の風景が美しい志摩半島

灯台が建つ志摩市は志摩半島の南部に位置し、周辺は伊勢志摩国立公園に指定。海岸はリアス式の険しい造形が風光明媚な風景は創出している。また温暖で豊饒な漁場では海女文化も息づく。

気象:温暖で恵まれた気候

気温は年間平均15~17℃、黒潮に面した温暖な海の影響もあって四季を通じて比較的寒暖差がない。周辺では温暖性の常緑広葉樹や南国に咲く海浜植物も見られる。年間降雨量、年間降雨日数はほぼ全国平均並み。

歴史:海に由来する地名が歴史を物語る

灯台の建つ大王町(2004年に志摩市に合併)は船越、波切、名田(灘)と海に由来する地名が多くみられるほど海と密接な関係にある。歴史を紐解くと、 1830(天保元年)にこの地で難破した幕府の御用船巡る「波切騒動」が起きている。

伝説:天照大御神が隠れたとされる「天の岩戸」

市内で名水が湧く岩穴「恵利原の水穴」は、「天の岩戸」としての伝承も有する。天照大御神が弟・須佐之男命の悪事を戒めるために隠れていた伝説の場所で、神聖な空気を感じる観光地としても知られる。

漁業:海女による伝統漁法

四季を通して多様な魚介類が水揚げされる志摩市。定置網、刺網、はえ縄、一本漁など多彩な漁業が営まれている。また鳥羽・志摩の海では「万葉集」や「延喜式」にも記されるほど古から海女の素潜りによる漁が息づき、アワビをはじめとする貝類や海藻を獲られる。

農業:「志摩そだち」など稲作が盛ん

温暖な気候と海からのミネラルが補充される島の土壌では、温州ミカンに代表される柑橘類の栽培、乳牛の畜産が盛ん。また水稲農業では「志摩そだち」に代表されるコシヒカリなどが育てられている。

食文化:郷土料理「手こね寿司」

漁師が船上で獲れたての魚を調理し、ご飯にまぜて食す「手こね寿司」。カツオを千切りにして醤油をつけて酢飯とあわせて豪快に混ぜ、手で食べたのが始まりとされ、おもてなしの郷土料理として評判。

ロケ地:新旧の名匠が撮りたくなるまち

古くは小津安二郎監督の「浮き草」、大場秀雄監督「君の名は」。近年では阪本順治監督の「半世界」、三木康一郎監督の「弱虫ペダル」など、志摩市は新旧名作の映画のロケ地としても有名。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

広島県
広島県

竹原市

大久野島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

石川県
石川県

七尾市

能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

徳島県
徳島県

阿南市

蒲生田岬灯台

四国の最東端、徳島県阿南市の蒲生田岬に建つ灯台。高知県にもまたがる室戸阿南海岸国定公園に属する。蒲生田岬灯台と紀伊日ノ御埼灯台(和歌山県)を結んだラインまでが瀬戸内海と定義される、重要な灯台でもある。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

山口県
山口県

下関市

角島灯台

日本海側に造られた灯台としては初の大型灯台。無塗装の灯台は日本に2基あるが、そのうちの1つ。レンズは日本に5基しかない第1等フレネルレンズで、高い歴史・文化的価値を認められており、常時一般公開されている「参観灯台」でもある。

富山県
富山県

高岡市

岩崎ノ鼻灯台

高岡市内唯一の灯台。海の玄関・伏木港が重要港湾に指定された同年に初点灯。以来、富山湾を往来する船舶の安全を見守り続けてきた。春には建設時に植栽された桜が美しい花を咲かせるため、「桜の灯台」と呼ばれる。

愛知県
愛知県

知多郡美浜町

野間埼灯台

愛知県に現存する最古の灯台。2008年に改修工事が行われた際、レンズが第5フレネル式からLED灯器に変更された。灯台周辺を囲う高さ2.5mの鉄柵は、南京錠を掛けて恋愛が成就を願うカップル向けのスポットとしても広く認知されている。

三重県
三重県

鳥羽市

菅島灯台

三重県鳥羽市の沖にある菅島に建つ灯台。現役灯台としては日本最古のレンガ造灯台で、ブラントンの設計による搭形は歴史的価値の高さを認められ、Aランクの保存灯台に指定されている。

新潟県
新潟県

糸魚川市

能生港灯台

本海に浮かぶ岩礁「弁天岩」の上に建つ観光灯台。現在は現役灯台としての役目を終え、シンボル的存在に。海岸から岩へは赤い欄干の「曙橋」でつながり、灯台の足元には海の守り神を祀る厳島神社が鎮座する。

千葉県
千葉県

旭市

飯岡灯台

千葉県北東部、九十九里浜の北端から連な素屛風ヶ浦の南端に位置する刑部岬に建つ灯台。約60mの断崖絶壁から見る絶景は、「日本の朝日百選」や「日本の夜景100選」ほか数々の栄冠に輝いている。また、灯台周辺は上永井公園として整備され、展望館も新設された。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE