コラム

2020/02/18
編集長がゆく! 編集長大ピンチ!まさか角田岬灯台で迷子!?
不動まゆう灯台現地レポート新潟県 角田岬灯台いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクと共に伝える。それは1月下旬のこと。予約しておいたタクシーに乗り込もうとすると、「あれ、お一人ですか?」と尋ねられた。バックミラー越しに 「角
もっと見る

2020/01/25
灯台×お味噌汁のまったりグルメファンタジー漫画!「灯台守のみそしる専門店」
灯台を舞台に、灯台守が営むお味噌汁専門店を描いた漫画「灯台守のみそしる専門店」。とてもおもしろい組み合わせで、灯台好きの心をくすぐる本作の原作者・山﨑と子さんに、着想のきっかけや本作のテーマ、灯台への想いや大好きなお味噌汁についてたっぷりと伺いました。 山﨑さんは、趣味で漫画を描いており、
もっと見る

2020/01/17
編集長がゆく! 1月末がオススメ!水仙の香りに包まれた六島灯台
不動まゆう灯台現地レポート岡山県 六島灯台いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクと共に伝える。その島で最初に「おかえり」と迎えてくれたのは1匹の猫だった。「おかえりって…私、初めてこの島を訪れるのだけど…」と口ごもりながら足
もっと見る

2019/12/27
編集長がゆく! 初日の出のオススメスポットは灯台マニアに聞け⁉︎
不動まゆう灯台現地レポート太東埼灯台 千葉県いすみ市いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクと共に伝える。まもなく迎える2020年の元旦。日本海側は雨が予報されているが、太平洋側は天気がいいらしい。となると関東在住の私の周辺で
もっと見る

2019/11/22
灯台に感じる灯台守の面影
日本の灯台から灯台守と呼ばれる存在がいなくなってまもなく14年。「14年前まではいたの?」と意外に思う人がいるかもしれない(2006年に女島灯台が無人管理となったのが最後)。それほど『灯台守』という言葉は、物語のような、古の響きを含むものになっている。まずこの灯台守という言葉だが、これは灯台を管理す
もっと見る

2019/10/24
編集長がゆく!  大発見!? 経ヶ岬灯台の知られざる地底世界?
不動まゆう灯台現地レポート経ヶ岬灯台 京都府京丹後市1898(明治31)年12月 初点灯 いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクと共に伝える。京都というと神社仏閣や舞妓さんをイメージし、なかなか「海」と結びつかない
もっと見る

2019/09/30
灯台のことを、もっと知りたい! 「ファロロジー」のススメ
■みなさん、「ファロロジー」ってご存知ですか?灯台について、歴史や建築、光学の面から学術的に研究することを「ファロロジー(Pharology)」というらしい。私はロバート・スティーブンソン(小説「宝島」を書いたロバート・ルイス・スティーブンソンの祖父にあたる人物)の本でそのことを知った。スティーブン
もっと見る

2019/09/03
日本における西洋灯台の黎明期を支えた2人の日本人技師
現在、日本で見られる西洋式灯台は、そのすべてが明治維新後に建設されたものだ。最初にこれを作ったのは、1865(慶応元)年に日本にやってきたフランス人技師フランソワ・レオンス・ヴェルニー。彼の本来の来日目的は造船所を建設することだったが、日米和親条約や江戸条約を交わしたことで灯台整備を急ぐ必要があった
もっと見る

2019/08/21
編集長がゆく! 初の海外レポートはアイルランドから!
不動まゆう灯台現地レポートアイルランド編いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクとともに伝える。私はいまアイルランドの灯台めぐりをしている。首都ダブリンから、北アイルランドも含めて10日間でぐるりと一周する灯台ラリーだ。あらか
もっと見る

2019/08/05
編集長がゆく! 「●ン●」作りでは日本で2番目に古い! 御前埼灯台
不動まゆう灯台現地レポート御前埼灯台 静岡県御前崎市1874(明治7)年5月1日 初点灯いわゆる「3度のメシより灯台が好き」なマニアが綴る灯台レポート。灯台で「見て」「感じて」「味わった」ことをウンチクと共に伝える。第二回目のレポートは御前埼灯台からお届けしたい。さて、前回は “石造り”の江埼灯台を
もっと見る