海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 鹿児島県 指宿市 薩摩長崎鼻灯台

鹿児島県 指宿市 薩摩長崎鼻灯台

開聞岳の東側、長崎鼻の突端に1957(昭和32)年に建てられた比較的新しい灯台。風光明媚な観光地にふさわしいフォルムにと特別に設計されたデザインで、錦江湾に出入りする、または東シナ海を航行する船舶の道標としての役割を担う。

灯台データ

  • 初点灯: 1957(昭和32)年
  • 灯台の高さ: 11m
  • 灯りの高さ: 21m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 等明暗白光
  • 光達距離: 約25km
  • レンズ: 不明
  • 構造: 不明
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:鹿児島県の景勝地・長崎

鹿児島市街より南へ約70kmに位置する薩摩半島。その最南端に突き出た岬が長崎鼻。「薩摩富士」と呼ばれる開聞岳が一望できる場所で、干潮時は突端まで岩場を歩くことができ、ダイナミックな眺めが楽しめる。

気象:菜の花が1月に咲く温暖な気候

鹿児島湾口に位置し、1年を通して温暖な気候の長崎鼻は、1月には菜の花が咲く暖かい地。その温暖な気候から東洋のハワイと称される。温暖多雨で年平均気温は18℃前後、年間降水量は2,485mm程度。

歴史:篤姫ゆかりの地「今和泉」

周辺は大河ドラマ「篤姫」で知られる天璋院篤姫の生家「今和泉島津家」の郎内や屋敷があった場所。灯台を訪れると共に、江戸末期に薩摩藩の近代化を支えた豪商・濵﨑太平次の足跡をたどることもできる。

伝説:乙姫を祀った「竜宮神社」

浦島太郎が竜宮へ旅立った場所と称される長崎鼻の別名は「竜宮岬」。岬には乙姫(豊玉姫)を祀った竜宮神社があり、パワースポットとして人気。その伝説にふさわしく、夏はウミガメの産卵地にもなる。

漁業:カツオの本枯れ節の生産量日本一

地元はカツオの水揚げ、ブリ、カンパチの養殖で有名。琉球貿易や遠洋漁業の基地として栄えてきた山川港を中心に、カツオの町として知られている。現在も、昔ながらの伝統製法により製造されている。

農業:ソラマメとオクラの生産量日本一

耕作地の9割が畑という指宿市。日本一の生産量を誇るソラマメ、オクラの他にも、キャベツ、カボチャ、サツマイモやスナップえんどう、グリーンピースなどの豆類が主要農産品となっている。

観光:全国屈指の温泉地

指宿市には、世界でも珍しい天然砂むし温泉をはじめ、泉質の違いを楽しめる温泉があちこちに点在。海岸に湧く温泉を利用し、暖かい砂の中に体を埋めて入浴する蒸し風呂の温泉効果は普通のお湯の3〜4倍とも。

伝統芸能:勇ましく舞う「中川ごちょう踊り」

色鮮やかな陣羽織風の衣装を見にまとった舞手が、かねと呼ばれる平たい円盤状の打楽器や太鼓を打ち鳴らしながら勇ましく舞う「ごちょう踊」。鬼神面を被った四鬼神の迫力と、派手さは、指宿の数ある郷土芸能の中でも1、2を争う。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

福井県
福井県

丹生郡越前町

越前岬灯台

海抜131mの断崖の上に建つ白亜の灯台。岬からの絶景は「日本の夕陽百選」にも選ばれている。越前海岸周辺は日本海側随一の「日本三大水仙群生地」の1つとして知られ、冬になると灯台は一面に咲く越前水仙に彩られる。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から長崎、普賢岳のパノラマの眺望は絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

長崎県
長崎県

長崎市

伊王島灯台

1866(慶応2)年、米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約により、全国8ヶ所に設置された灯台の一つ。日本初の鉄造六角形の洋式灯台でもある。灯台のドーム型の天井部分は、原爆の被害を受けつつも、そのままの形状に復元された

宮崎県
宮崎県

日向市

細島灯台

細島港入口の日向岬に位置する灯台。1910(明治43)年に赤レンガ造りの灯台として造られ、1941(昭和16)年に現在の灯台に。半円アーチ型の出入り口、バルコニーを支える持ち送りのデザインが特徴的。2019(平成31)年に国の有形文化財に登録された。

石川県
石川県

七尾市

能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

徳島県
徳島県

阿南市

蒲生田岬灯台

四国の最東端、徳島県阿南市の蒲生田岬に建つ灯台。高知県にもまたがる室戸阿南海岸国定公園に属する。蒲生田岬灯台と紀伊日ノ御埼灯台(和歌山県)を結んだラインまでが瀬戸内海と定義される、重要な灯台でもある。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE