海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 徳島県 阿南市 蒲生田岬灯台

徳島県 阿南市 蒲生田岬灯台

四国の最東端、徳島県阿南市の蒲生田岬に建つ灯台。高知県にもまたがる室戸阿南海岸国定公園に属する。蒲生田岬灯台と紀伊日ノ御埼灯台(和歌山県)を結んだラインまでが瀬戸内海と定義される、重要な灯台でもある。

灯台データ

  • 初点灯: 1924(大正13)年(1972年改装)
  • 灯台の高さ: 11.5m
  • 灯りの高さ: 49.6m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約19km
  • レンズ: LED灯器(詳細不明)
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:優れた眺望の岬に建つ灯台

海抜およそ30mの岬の上にあるため、晴れた日には灯台から淡路島や和歌山県の陸地を望むことができる。岬の北寄りにある砂浜には、県の指定希少野生動植物種に指定されているアカウミガメが産卵にやってくる。

気象:亜熱帯植物も生育する温暖な気候

太平洋と瀬戸内海の境界ということもあり、温暖な気候。岬の根元には亜熱帯植物が群生する大池という池がある。

歴史:岩場の多い難所で、外国船の座礁事故も

岬と沖にある伊島の間は「橋杭の瀬」と呼ばれる難所。灯台建設前の明治35年(1902年)には英国船カーゼーシー号が座礁・沈没する事故も起きている。

信仰:佐田神社の「だらだら祭」

岬の北側に位置する椿泊にある佐田神社の秋祭は、開催期間が長かったことでだらだら祭と呼ばれる。神輿が船に乗って多くの漁船とともに椿泊の海をめぐる「岬祭り」は祭りの目玉のひとつ。

漁業:伝統のシラウオ漁が春の風物詩に

春の椿町では、町を流れる椿川で四つ手網を使ったシラウオ漁が行われる。シラウオは地元で「ヒウオ」とも呼ばれ、踊り食いや卵とじ、天ぷらなどにして食される。

その他:“光のまち”としてPRに取り組む

阿南市には世界で初めて青色発光ダイオード(青色LED)を開発した企業の本社があり、「光のまち阿南」としてイルミネーションやイベントなどの観光PRが行われている。

食文化:海賊のように豪快にいただく「海賊料理」

阿南海岸ではとれたてのアワビやサザエ、イセエビなどが豊富に手に入る。それらを網焼きで豪快に食べる郷土料理「海賊料理」がある。

伝統芸能:病魔退散を願った獅子舞が現在にも残る

阿南市の無形民俗文化財「浦ノ内の獅子舞」は、天保年間に流行した疫病を鎮めるために浦ノ内の芳川和三郎が獅子舞で病魔退散を願ったのが始まりで、現在も杉尾神社の秋祭で奉納される。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

北海道
北海道

積丹郡積丹町

神威岬灯台

アイヌ語で「神」を意味する“カムイ”の名を冠する灯台。灯台へ続く遊歩道「チャレンカの小道」は起伏に富み、300度で見渡せる丸い水平線や神秘的な「積丹ブルー」の海など、まさに神の領域のような絶景の中に建つ。

北海道
北海道

檜山郡江差町

鴎島灯台

かつてニシン漁や北前船の交易場として賑わいを見せた鴎島に建つ灯台。沖合500mに浮かぶこの島の航路標識である灯台は、現在は外側に階段と手すりが取り付けられ、自由に登れる展望台として訪問客を楽しませている。

京都府
京都府

京丹後市

経ヶ岬灯台

京都府最北端、丹後半島の断近畿地方の最北端でもある京都・丹後半島の北端に建つ灯台。灯台のレンズはフランス製の第1等フレネルレンズで国内でも貴重なもの。通常は内部に入ることができないが、秋の一定期間のみ一般公開される。

福井県
福井県

敦賀市

立石岬灯台

西洋技術の導入初期である明治時代に建設された歴史的灯台。現存する64基のうちの1基。敦賀港最初の文明施設となるこの灯台は、港湾都市・敦賀の将来の発展を象徴するモチーフとして市章にも使用されている。

神奈川県
神奈川県

三浦市

安房埼灯台

一般公募により決定した三浦大根をモチーフとするデザイン灯台。建て直しに伴い、岩礁地帯から200m内側に入った城ヶ島公園内へと移設された。灯台の南東方約400mにある「高根神楽」を照らす照射灯も併設されている。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

静岡県
静岡県

下田市

爪木埼灯台

伊豆半島の東海岸から太平洋に突き出た須崎半島の先端に建つ灯台。周辺は爪木崎自然公園として整備されている。野水仙の群生地であり、冬場のピーク時には300万本もの水仙が咲き誇り、遊歩道となって灯台へと誘う。

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

秋田県
秋田県

男鹿市

入道埼灯台

日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができる。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

愛媛県
愛媛県

松山市

釣島灯台

愛媛県松山市の西方約5kmに位置する釣島に建つ、明治期に建設された石造の歴史的灯台。愛媛県初の西洋式灯台であり、敷地内に付帯する灯台職員用の宿舎・倉庫と共に保守され、当時の面影を今に遺す。松山市有形文化財指定。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE