海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 香川県 高松市 高松港玉藻防波堤灯台

香川県 高松市 高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

灯台データ

  • 初点灯: 1964(昭和39)年(1998年に改築移設)
  • 灯台の高さ: 14.2m
  • 灯りの高さ: 17.2m
  • 形状: 赤色塔形ガラス張
  • 灯質: 等明暗赤光
  • 光達距離: 約20km
  • レンズ: 第5等不動フレネルレンズ
  • 構造: 鉄骨造
  • 設計者: 日本航路標識協会

地理データ

地理:約500mの遊歩道の先端にたたずむ

港として整備された場所に建つため、遊歩道の整備なども進んでいる。防波堤先端への移設後は行き交う船の光を背景に赤く光る灯台の姿を見に訪れる人も多い。

地形:重要港湾として多くの船が行き交う

11世紀ころから「野原郷」と呼ばれ港として栄えてきた。近代以降には重要港湾としての指定も受けている港のため海は穏やかだが、多くの船が行き交うため高度な操舵技術が求められる。

歴史:交易で栄え、近代以降も開発が進む港

1587年には領主となった生駒親正によって港のそばに高松城が築かれた。高松城の別名「玉藻城」は、万葉集で讃岐国の枕詞が「玉藻よし」と詠まれたことにちなむ。

信仰:雨を降らせる「龍神」をあがめる文化

高松市内には多くの神社があり、その一の宮として知られるのが「田村神社」。709年に創建されたといい、水神である“龍神”の伝説が残る。水不足に陥りやすい讃岐平野で広く信仰されてきた。

漁業:“天然のいけす”瀬戸内海でとれる多彩な水産

ハマチ養殖発祥の地でもある香川県。それぞれに特徴の異なる「ひけた鰤」「なおしまハマチ」「オリーブハマチ」のブランドハマチを「ハマチ3兄弟」として売り出している。

その他:香川観光のスタート地点として

香川県の玄関口としての機能も果たす。貨物船のほかに旅客フェリーなども入港し、観光ターミナルとしても重要な場所となっている。

食文化:豊かな海が育んだ四季折々の水産物

海と山に恵まれ、豊かな食文化が根づく。秋の味覚「クロダイ」は地元ではチヌと呼ばれ、鯛飯と同様にしょうゆ味で炊き込む「チヌ飯」は郷土料理のひとつ。

伝統芸能:神話を忠実に再現する獅子舞

高松市の北東部にある皇子神社で奉納される才田岩陰獅子舞。漁船3隻を並べた上で行う獅子舞で、天照大神が天の岩戸に入られるのを引き留める場面を表している古風な舞。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

沖縄県
沖縄県

中頭郡読谷村

残波岬灯台

沖縄本島、東シナ海に面する残波岬の突端に立つ。終戦後、米軍の実弾練習場だった場所に建てられた白亜の灯台で、日本返還後に初点灯。灯台周辺は現在、沖縄海岸国定公園に指定され、沖縄本島有数のスポットとなっている。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

宮城県
宮城県

石巻市

大須埼灯台

宮城県・雄勝半島の最東端、大須浜の高台に建つ灯台。第二次大戦後の1949(昭和24)年、大須漁港に出入りする漁船や雄勝半島沖を航行する船舶の航行安全に寄与するために建てられた。

北海道
北海道

利尻郡利尻富士町

鴛泊灯台

利尻島の北端・ペシ岬の中腹に建つ灯台。晴れた日には隣の礼文島のほか、サハリン島を見ることもできる。島内には利尻山やオタドマリ沼といった景勝地が点在し、利尻礼文サロベツ国立公園の一部として指定されている。

広島県
広島県

竹原市

大久野島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

千葉県
千葉県

いすみ市

太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

福井県
福井県

敦賀市

立石岬灯台

西洋技術の導入初期である明治時代に建設された歴史的灯台。現存する64基のうちの1基。敦賀港最初の文明施設となるこの灯台は、港湾都市・敦賀の将来の発展を象徴するモチーフとして市章にも使用されている。

北海道
北海道

網走市

能取岬灯台

大正時代、逓信省による航路標識事業で建てられた灯台。霧信号所も設置され、1948(昭和23)年までは灯台守が併設の宿舎に住んでいた。流氷により航行が途絶える2~3月は業務を休止していた。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

島根県
島根県

松江市

美保関灯台

島根半島東端の地蔵崎の先端に位置する灯台。山陰最古の石造灯台で、岬からは日本海を望み、晴れた日には隠岐の島を見ることもできる。2007年には灯台として初めて国の登録有形文化財に登録された

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE