海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 熊本県 上天草市 湯島灯台

熊本県 上天草市 湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から長崎、普賢岳のパノラマの眺望は絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

灯台データ

  • 初点灯: 1916(大正5)年
  • 灯台の高さ: 39m
  • 灯りの高さ: 12m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 不明
  • レンズ: 不明
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:有明海に浮かぶネコの島

灯台の建つ湯島は有明海にぽっかりと浮かぶ全周約4kmの小さな島。320人ほどの人口に対して約200匹のネコが住むと言われ、別名「猫島」とも呼ばれる。穏やかな海を眺めながら海岸線を歩けば、フォトジェニックな場所が次々に現れる。

気象:熱帯性のアコウ樹が育つ環境

島は1年を通して気候が穏やかで、温かな海風が心地よい。島内には熱帯性のアコウ樹の群生も見られ、なかにはハート形のアコウ樹が育ち、「ハートの木」と呼ばれ訪れる人々に人気の場所となっている

歴史:歴史好きの興味を引く「湯島」

天草を語る上で、16年という短い人生を懸命に生きた天草四郎という存在は欠かせない。その天草四郎が「島原の乱」の作戦を練り、武器を作らせた場所として知られている、歴史が眠る島。

伝承:談合島とも呼ばれた島名

島は海から望むと伏せた椀のような台形で、弓を横にした形を連想させ「弓島」と呼ばれた。それが時を経て「湯島」に変遷したと伝えられている。島原の乱の作戦が練られた地だった歴史から「談合島」とも称された。

漁業:盛んな養殖業

温暖な気候から島周辺の海では養殖が盛ん。クルマエビ、真珠などの特産品に加えて、近年は近大マグロや岩ガキ、トラフグなどの養殖にも取り組んでいる。小アジやイカも豊富に獲れ、春と秋に美味しい湯島マダイも有名。

農業:甘くて濃厚な「湯島芋」

温暖な湯島で収穫される農産物の湯島芋。畑に吹く海風の影響もあって甘く濃厚なイモを材料に芋焼酎も造られている。また島ではデコポン、黒牛、苓北レタス、緑竹などの高品質化、ブランド化も推進している。

特産物:食べやすい海藻「あかもく」

島周辺の海で獲れるヒジキなどの仲間「あかもく」は、ワカメやコンブが育ちにくい地域で食されている貴重な海藻。茹でて刻むと粘りが出て、つるつるとした食感と癖のない味でとても食べやすい。

伝統:大正時代から続く「フカ狩り」

湯島沖では例年、タイ釣りシーズン前に伝統行事「フカ(サメ)狩り」が行われる。タイやイサキなどをシュモクザメがから食い荒らすされるのを防ぐために行われているが、この行事を見守るツアーも実施されている。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

神奈川県
神奈川県

三浦市

安房埼灯台

一般公募により決定した三浦大根をモチーフとするデザイン灯台。建て直しに伴い、岩礁地帯から200m内側に入った城ヶ島公園内へと移設された。灯台の南東方約400mにある「高根神楽」を照らす照射灯も併設されている。

石川県
石川県

七尾市

能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

千葉県
千葉県

いすみ市

太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

長崎県
長崎県

長崎市

伊王島灯台

1866(慶応2)年、米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約により、全国8ヶ所に設置された灯台の一つ。日本初の鉄造六角形の洋式灯台でもある。灯台のドーム型の天井部分は、原爆の被害を受けつつも、そのままの形状に復元された

愛媛県
愛媛県

松山市

釣島灯台

愛媛県松山市の西方約5kmに位置する釣島に建つ、明治期に建設された石造の歴史的灯台。愛媛県初の西洋式灯台であり、敷地内に付帯する灯台職員用の宿舎・倉庫と共に保守され、当時の面影を今に遺す。松山市有形文化財指定。

沖縄県
沖縄県

石垣市

平久保崎灯台

八重山列島の石垣島北部にのびる平久保半島の北端、平久保先に位置。17世紀に平久保遠見台が置かれ、往来する外国船の監視が行われていた歴史を持つ。現在建つのは日本復帰前に琉球政府が建設したもの。

広島県
広島県

三原市

佐木島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

北海道
北海道

網走市

能取岬灯台

大正時代、逓信省による航路標識事業で建てられた灯台。霧信号所も設置され、1948(昭和23)年までは灯台守が併設の宿舎に住んでいた。流氷により航行が途絶える2~3月は業務を休止していた。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE