海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 熊本県 上天草市 湯島灯台

熊本県 上天草市 湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から眺望する長崎、普賢岳のパノラマは絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

灯台データ

  • 初点灯: 1916(大正5)年
  • 灯台の高さ: 12m
  • 灯りの高さ: 39m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単せん白光
  • 光達距離: 不明
  • レンズ: 高光度LED灯器(建設時は第五等不動フレネルレンズ)
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:有明海に浮かぶネコの島

灯台の建つ湯島は有明海にぽっかりと浮かぶ全周約4kmの小さな島。320人ほどの人口に対して約200匹のネコが住むと言われ、別名「猫島」とも呼ばれる。穏やかな海を眺めながら海岸線を歩けば、フォトジェニックな場所が次々に現れる。

気象:熱帯性のアコウ樹が育つ環境

島は1年を通して気候が穏やかで、温かな海風が心地よい。島内には熱帯性のアコウ樹の群生も見られ、なかにはハート形のアコウ樹が育ち、「ハートの木」と呼ばれ訪れる人々に人気の場所となっている

歴史:歴史好きの興味を引く「湯島」

天草を語る上で、16年という短い人生を懸命に生きた天草四郎という存在は欠かせない。その天草四郎が「島原の乱」の作戦を練り、武器を作らせた場所として知られている、歴史が眠る島。

伝承:談合島とも呼ばれた島名

島は海から望むと伏せた椀のような台形で、弓を横にした形を連想させ「弓島」と呼ばれた。それが時を経て「湯島」に変遷したと伝えられている。島原の乱の作戦が練られた地だった歴史から「談合島」とも称された。

漁業:盛んな養殖業

温暖な気候から島周辺の海では養殖が盛ん。クルマエビ、真珠などの特産品に加えて、近年は近大マグロや岩ガキ、トラフグなどの養殖にも取り組んでいる。小アジやイカも豊富に獲れ、春と秋に美味しい湯島マダイも有名。

農業:甘くて濃厚な「湯島芋」

温暖な湯島で収穫される農産物の湯島芋。畑に吹く海風の影響もあって甘く濃厚なイモを材料に芋焼酎も造られている。また島ではデコポン、黒牛、苓北レタス、緑竹などの高品質化、ブランド化も推進している。

特産物:食べやすい海藻「あかもく」

島周辺の海で獲れるヒジキなどの仲間「あかもく」は、ワカメやコンブが育ちにくい地域で食されている貴重な海藻。茹でて刻むと粘りが出て、つるつるとした食感と癖のない味でとても食べやすい。

伝統:大正時代から続く「フカ狩り」

湯島沖では例年、タイ釣りシーズン前に伝統行事「フカ(サメ)狩り」が行われる。タイやイサキなどをシュモクザメがから食い荒らすされるのを防ぐために行われているが、この行事を見守るツアーも実施されている。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

青森県
青森県

下北郡東通村

尻屋埼灯台

東北初の洋式灯台。古くから難破船の多い岬として恐れられていた尻屋崎。明治に入り世界各国との貿易を進めるにあたり船舶安全のために建てられた。レンガ造灯台としては高さ日本一を誇る。2022年12月、国の重要文化財に指定。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

千葉県
千葉県

いすみ市

太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

秋田県
秋田県

男鹿市

入道埼灯台

日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができる。

広島県
広島県

竹原市

大久野島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

兵庫県
兵庫県

淡路市

江埼灯台

1867(慶応3)年、江戸幕府と英国公使が兵庫開港に備えて大坂条約締結の際に5つの灯台の建設を約束。その最初に建てられた。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による御影石を使用した石造りの洋式灯台。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

鹿児島県
鹿児島県

指宿市

薩摩長崎鼻灯台

開聞岳の東側、長崎鼻の突端に1957(昭和32)年に建てられた比較的新しい灯台。風光明媚な観光地にふさわしいフォルムにと特別に設計されたデザインで、錦江湾に出入りする、または東シナ海を航行する船舶の道標としての役割を担う。

富山県
富山県

高岡市

岩崎ノ鼻灯台

高岡市内唯一の灯台。海の玄関・伏木港が重要港湾に指定された同年に初点灯。以来、富山湾を往来する船舶の安全を見守り続けてきた。春には建設時に植栽された桜が美しい花を咲かせるため、「桜の灯台」と呼ばれる。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE