海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 高知県 土佐清水市 足摺岬灯台

高知県 土佐清水市 足摺岬灯台

四国の最南端に建つ灯台。第二次世界大戦中に米軍機の機銃掃射を受けた歴史を持つこの灯台は、老朽化に伴いデザイン灯台へと一新。そのロケット型のフォルムには地域発展・世界平和などの願いが込められている。

灯台データ

  • 初点灯: 1914(大正3)年(1960年改築)
  • 灯台の高さ: 18.1m
  • 灯りの高さ: 60.6m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約38km
  • レンズ: LB-90型
  • 構造: 石造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:奇岩・景勝が広がる足摺岬

足摺宇和海国立公園の南端となる岬周辺は、約80mの断崖・足摺岬や波・風の侵食で形成された海食台地「竜串海岸」と「見残し海岸」の奇岩が広がる。また黒潮の影響を受けた海中はサンゴ礁など亜熱帯地域の特色を持つ。

気象:温暖な太平洋気候

一年を通して気候は温暖だが、夏は太平洋側から吹く湿った風により多量の雨が降る。冬の降雪はほぼない。

歴史:日米の懸け橋となったジョン万次郎

幕末から明治期にかけて活躍した中浜万次郎は、日本人で初めてアメリカに渡った人物。異国で測量・航海術を学び、帰国した後は日米和親条約の締結に尽力した。

信仰:年に2回開催される鹿島神社大祭

遠洋漁業の基地である清水港で行われる、漁の安全と豊漁を祈願するお祭り。鹿島神社の神事の後に神輿が街を練り歩き、漁船の勇壮な海上パレードで締められる。

漁業:全国的ブランド「清水サバ」

黒潮による漁場に恵まれ、種類豊富な魚が水揚げされる。また、立縄漁によって一匹ずつ釣り上げられるゴマサバは「清水サバ」と呼ばれ、全国的に名が知られる。

その他:宗田節の全国シェア70~80%

土佐清水で獲れるマルソウダガツオ(めじか)を原料とする宗田節は、コクがあり香り豊か。近年は宗田節を用いたドレッシングなどの食品・製品群も応援している。

食文化:高知県を代表する「皿鉢料理」

もともとはお祭りなどの行事食や冠婚葬祭の振る舞いだった皿鉢料理。今では高知で獲れた海の幸、山の幸を豪勢に盛りつける華やかな大皿料理として親しまれる。

伝統芸能:全国に派生した「よさこい」

もともとは高知の民謡「よさこい節」につけた踊りが、自由な発想の鳴子踊りへとアレンジされたことで爆発的人気に。今ではYOSAKOIとして全国でイベントが行われる。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

宮崎県
宮崎県

日向市

細島灯台

細島港入口の日向岬に位置する灯台。1910(明治43)年に赤レンガ造りの灯台として造られ、1941(昭和16)年に現在の灯台に。半円アーチ型の出入り口、バルコニーを支える持ち送りのデザインが特徴的。2019(平成31)年に国の有形文化財に登録された。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

潮岬灯台

本州最南端の紀伊半島・潮岬に建つ灯台。開国直前の「改税条約」に基づいて建設した8基の灯台のうちの1つで、紀伊半島沖は海上交通の要衝でありながら、航海が難しい海域でもあったため、潮岬灯台の建設は急ピッチで進められた。

鹿児島県
鹿児島県

指宿市

薩摩長崎鼻灯台

開聞岳の東側、長崎鼻の突端に1957(昭和32)年に建てられた比較的新しい灯台。風光明媚な観光地にふさわしいフォルムにと特別に設計されたデザインで、錦江湾に出入りする、または東シナ海を航行する船舶の道標としての役割を担う。

宮城県
宮城県

石巻市

大須埼灯台

宮城県・雄勝半島の最東端、大須浜の高台に建つ灯台。第二次大戦後の1949(昭和24)年、大須漁港に出入りする漁船や雄勝半島沖を航行する船舶の航行安全に寄与するために建てられた。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

青森県
青森県

下北郡東通村

尻屋埼灯台

東北初の洋式灯台。古くから難破船の多い岬として恐れられていた尻屋崎。明治に入り世界各国との貿易を進めるにあたり船舶安全のために建てられた。レンガ造灯台としては高さ日本一を誇る。

兵庫県
兵庫県

美方郡香美町

余部埼灯台

灯りの高さが日本一の灯台。「日本の夕陽百選」にも選ばれた日本海を一望できる高台からは、夏場になると幻想的で美しいイカ釣り漁船の漁火を見ることができる。地元では地名をとった「御崎灯台」の名で親しまれる。

北海道
北海道

利尻郡利尻富士町

鴛泊灯台

利尻島の北端・ペシ岬の中腹に建つ灯台。晴れた日には隣の礼文島のほか、サハリン島を見ることもできる。島内には利尻山やオタドマリ沼といった景勝地が点在し、利尻礼文サロベツ国立公園の一部として指定されている。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

京都府
京都府

京丹後市

経ヶ岬灯台

京都府最北端、丹後半島の断近畿地方の最北端でもある京都・丹後半島の北端に建つ灯台。灯台のレンズはフランス製の第1等フレネルレンズで国内でも貴重なもの。通常は内部に入ることができないが、秋の一定期間のみ一般公開される。

静岡県
静岡県

下田市

爪木埼灯台

伊豆半島の東海岸から太平洋に突き出た須崎半島の先端に建つ灯台。周辺は爪木崎自然公園として整備されている。野水仙の群生地であり、冬場のピーク時には300万本もの水仙が咲き誇り、遊歩道となって灯台へと誘う。

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE