海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 北海道 檜山郡江差町 鴎島灯台

北海道 檜山郡江差町 鴎島灯台

かつてニシン漁や北前船の交易場として賑わいを見せた鴎島に建つ灯台。沖合500mに浮かぶこの島の航路標識である灯台は、現在は外側に階段と手すりが取り付けられ、自由に登れる展望台として訪問客を楽しませている。

灯台データ

  • 初点灯: 1889(明治22)年
  • 灯台の高さ: 12m
  • 灯りの高さ: 36m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 群せん白光
  • 光達距離: 約26km
  • レンズ: LUーM型(建設時は無等不動フレネルレンズ)
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:江差港と防波堤でつながる鴎島

北海道の南西部に位置する海抜20m、周囲約2.6kmの島。前浜には漁民の守り神「瓶子岩」、東崖には波の浸食による「千畳敷」など岩石海岸地形が広がる。

気象:軍艦も座礁させる季節風「たば風」

最も寒さが厳しい2月に北西から吹きつける季節風。幕末期には幕府が導入したオランダ製軍艦「開陽丸」が、この暴風によって江差沖で座礁したと伝えられている。

歴史:北海道文化発祥の地・江差

北海道で最も早い時期に開港した港の1つされる。江戸期のニシン漁最盛期には「江差の五月は江戸にもない」と謳われ、商業、文化ともに発展したという。

信仰:北海道を代表する祭事・姥神大神宮渡御祭

370年以上の歴史を持つ、北海道最古のお祭り。ニシン漁の終わりにその年の豊漁への感謝を捧げるために行われ、3日間に渡り豪華な13台の山車(ヤマ)が練り歩く。

漁業:日本海の深海でとれる紅ズワイガニ

秋から初夏にかけて漁が行われる紅ズワイガニ。カゴを沈めて入るのを待つカニカゴ漁で水揚げされたカニは、みずみずしくて甘味が強く、知る人ぞ知る名産品。

その他:古来の景観を今に遺す「いにしえ街道」

古くから和人が訪れ発展したという歴史を背景に、旧街道を整備・拡張して「いにしえ街道」に。美しく貴重な景観を保全すると共に、観光資源として活用している。

食文化:檜山の郷土料理「ふきんこもち汁」

生のジャガイモをすりおろしてこねた団子を、野菜入りのコンブ出汁に入れたもち汁。檜山の農村地域の日常食として食されていた、体が温まる“なつかしの味”。

伝統芸能:民謡の王様「江差追分」

北前船の船乗りによって伝えられた信州追分宿の馬子唄に、この地で越後の松坂くずしを源流とする謙良節が融合され、特有の哀調を帯びて歌い継がれたとされる。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

石川県
石川県

七尾市

能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

北海道
北海道

厚岸郡浜中町

湯沸岬灯台

北海道随一となる実効光度82万カンデラの灯台。急に濃い霧が立ち込めることから「霧多布岬」との通称を持つ湯沸岬に建つ。危険区域である沖合約3kmの岩礁「帆掛岩」を照らす赤色の照射灯が併設されている。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

和歌山県
和歌山県

和歌山市

友ヶ島灯台

明治初期に建設された歴史的価値の高い石造の洋式灯台。紀淡海峡に浮かぶ無人島群「友ヶ島」の中心となる沖ノ島に建つ灯台で、砲台跡など島にはかつて軍事要塞島だった名残が残る。登録有形文化財(建造物)。

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

宮崎県
宮崎県

日向市

細島灯台

細島港入口の日向岬に位置する灯台。1910(明治43)年に赤レンガ造りの灯台として造られ、1941(昭和16)年に現在の灯台に。半円アーチ型の出入り口、バルコニーを支える持ち送りのデザインが特徴的。2019(平成31)年に国の有形文化財に登録された。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

愛知県
愛知県

知多郡美浜町

野間埼灯台

愛知県に現存する最古の灯台。2008年に改修工事が行われた際、レンズが第5フレネル式からLED灯器に変更された。灯台周辺を囲う高さ2.5mの鉄柵は、南京錠を掛けて恋愛の成就を願うカップル向けのスポットとしても広く認知されている。

広島県
広島県

三原市

佐木島灯台

瀬戸内海に浮かぶ佐木島の北部にある小型の灯台。佐木島の周辺には島が多く、フェリーでの行き来が主な交通手段となっている。佐木島の港へ入る船上から、豊かな緑に囲まれた灯台の姿を見ることができる。

静岡県
静岡県

下田市

爪木埼灯台

伊豆半島の東海岸から太平洋に突き出た須崎半島の先端に建つ灯台。周辺は爪木崎自然公園として整備されている。野水仙の群生地であり、冬場のピーク時には300万本もの水仙が咲き誇り、遊歩道となって灯台へと誘う。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE