海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 島根県 松江市 美保関灯台

島根県 松江市 美保関灯台

島根半島東端の地蔵崎の先端に位置する灯台。山陰最古の石造灯台で、岬からは日本海を望み、晴れた日には隠岐の島を見ることもできる。2007年には灯台として初めて国の登録有形文化財に登録された

灯台データ

  • 初点灯: 明治31(1898)年
  • 灯台の高さ: 14m
  • 灯りの高さ: 82.9m
  • 形状: 白塔
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約44km
  • レンズ: LB-M60型
  • 構造: 石造
  • 設計者: フランス人技師

地理データ

地理:豊かな海の命を育むリアス式海岸

地蔵崎は、複雑に入り組んだリアス式の海岸部と断崖の景観が特徴。岬の南側には照葉樹林があり、植物を観察しながらの散策も可能。

地形:日本海の荒波がつくり出した断崖

地蔵崎を囲む厳しい日本海。この荒波がつくり出した断崖絶壁や海食崖は島根県のジオサイトとしても知られており、長い年月がつくり出している。

歴史:流刑のための滞留地として数々の歌に残る

流刑地としても知られる隠岐国への待機場所として美保関で過ごした都人も多く、小野篁(たかむら)や後醍醐天皇が美保関の景色を歌に残している。

仰:美保神社の祭神であるゑびす様

美保神社では事代主命(ゑびす様)を祀る。一番鶏の鳴いた時間が原因でゑびす様がワニに足をかまれたという神話から、美保関では鶏を飼ってはいけないといわれる。

漁業:イカ釣り漁船が行き交う漁場

島根半島と境港がゆるやかな湾を形成し、イカをはじめ多種多様な魚介類がすむ良質な漁場。行き交う船のいさり火は情緒を感じさせ、これを眺めに訪れる人も多数。

その他:漁港を中心に広がるレトロ観光エリア

美保関の玄関口ともいうべき漁港の周辺には、レトロな街並みが魅力の「青石畳通り」や、ゑびす様を祀る美保神社など、観光スポットも多い。

食文化:新鮮な海の幸が年間を通して楽しめる

近海で獲れるイカやサザエ、松葉ガニといった新鮮な魚介が名物。美保関灯台そばの灯台ビュッフェでは珍しい「カメノテ」を使ったカクテルを期間限定で楽しめる。

伝統芸能:氏子総出での「ホーラエッチャ」

美保に伝わる民謡踊り「ホーラエッチャ」。神話の「国譲り」の儀にちなんだ「諸手船神事」で船乗りたちが歌い踊る民謡が、現代にも受け継がれている。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

愛媛県
愛媛県

西宇和郡伊方町

佐田岬灯台

四国の西端に突き出た佐田岬半島の先端に建つ。対岸には豊予海峡を挟んだ佐賀関(大分県)があり、佐田岬灯台の光が届く。灯台で使われているレンズは佐賀関にある関崎灯台から移設されたもの。

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

沖縄県
沖縄県

中頭郡読谷村

残波岬灯台

沖縄本島、東シナ海に面する残波岬の突端に立つ。終戦後、米軍の実弾練習場だった場所に建てられた白亜の灯台で、日本返還後に初点灯。灯台周辺は現在、沖縄海岸国定公園に指定され、沖縄本島有数のスポットとなっている。

北海道
北海道

積丹郡積丹町

神威岬灯台

アイヌ語で「神」を意味する“カムイ”の名を冠する灯台。灯台へ続く遊歩道「チャレンカの小道」は起伏に富み、300度で見渡せる丸い水平線や神秘的な「積丹ブルー」の海など、まさに神の領域のような絶景の中に建つ。

長崎県
長崎県

長崎市

伊王島灯台

1866(慶応2)年、米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約により、全国8ヶ所に設置された灯台の一つ。日本初の鉄造六角形の洋式灯台でもある。灯台のドーム型の天井部分は、原爆の被害を受けつつも、そのままの形状に復元された

千葉県
千葉県

旭市

飯岡灯台

千葉県北東部、九十九里浜の北端から連な素屛風ヶ浦の南端に位置する刑部岬に建つ灯台。約60mの断崖絶壁から見る絶景は、「日本の朝日百選」や「日本の夜景100選」ほか数々の栄冠に輝いている。また、灯台周辺は上永井公園として整備され、展望館も新設された。

沖縄県
沖縄県

石垣市

平久保崎灯台

八重山列島の石垣島北部にのびる平久保半島の北端、平久保先に位置。17世紀に平久保遠見台が置かれ、往来する外国船の監視が行われていた歴史を持つ。現在建つのは日本復帰前に琉球政府が建設したもの。

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

樫野埼灯台

本州最南端の紀伊半島・潮岬に建つ灯台。開国直前の「改税条約」に基づいて建設した8基の灯台のうちの1つで、紀伊半島沖は海上交通の要衝でありながら、航海が難しい海域でもあったため、潮岬灯台の建設は急ピッチで進められた。

青森県
青森県

西津軽郡深浦町

艫作埼灯台

白神山地を仰ぐ青森県深浦町の海岸線に建つ灯台。日本海北部の灯台では最大級の高さを誇る。青森県北部の龍飛岬と秋田県男鹿半島の入道崎の中間に位置し、漁船や南北を航行する船を広範囲に見守る。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE