海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 青森県 下北郡東通村 尻屋埼灯台

青森県 下北郡東通村 尻屋埼灯台

東北初の洋式灯台。古くから難破船の多い岬として恐れられていた尻屋崎。明治に入り世界各国との貿易を進めるにあたり船舶安全のために建てられた。レンガ造灯台としては高さ日本一を誇る。

灯台データ

  • 初点灯: 1876(明治9)年(1945年破壊、1951年復旧)
  • 灯台の高さ: 32.8m
  • 灯りの高さ: 45.7m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約34km
  • レンズ: 第2等フレネル式
  • 構造: レンガ造
  • 設計者: ブラントン

地理データ

地理:海の難所であり、ジオサイト

約2万年前に津軽海峡ができると暖流と寒流が流れ込むこととなる。それによって生まれた海は古くから難所として舟人を恐れさせてきた。しかしその成り立ちによって豊かな自然を残すこととなり、ジオサイトとなっている。

気象:「やませ」が吹く下北の気候

尻屋崎周辺では霧が発生すると濃霧になり易い。また下北半島では「やませ」と呼ばれる強い風が吹くことも多い。冬季は降雪によって灯台も参観できなくなる。

歴史:灯台建築に携わった会津藩士

戊辰戦争に敗れ移封された会津藩士たちは、明治期にこの地に斗南潘を立潘。尻屋崎灯台の建築に藩士たちが尽力したと伝えられる。灯台のレンガを斗南藩が造った史実も近年、史料から明らかに。

伝説:漁師を助けた金毘羅様の使い

「金毘羅宮小祠」には、金毘羅様を祀る船が遭難した際、サメとカニが連携して漁師たちを陸へ導いたという伝説がある。以来、地元では金毘羅様の使いであるサメとカニを食べることを禁じる風習が続いている。

漁業:国内随一の漁獲高を誇るヒラメ

漁獲量全国1位の青森県産のヒラメは高品質で評判。東通村でもヒラメが水揚げされるが、「東通天然ヒラメ刺身御膳」として、天然ヒラメをはじめとした村特産の食材を堪能できる。

農業:下北の大地で育つ「ソバ」

東通村ではキタワセと呼ばれる種類のソバの栽培が非常に盛ん。この、でんぷん質が多く含まれる種のソバを用いた「東通そば」はつなぎを一切使用しない十割そばで、ソバ本来の味わいを堪能できる。

その他:尻屋崎だけで放牧される「寒立馬」

尻屋埼灯台の周辺で放牧されている「寒立馬」は、この地のみで育てられている農耕馬。実は食用馬肉としても出荷されている。

伝統芸能:中世芸能の姿を残す「能舞」

15世紀終わりに東通村に伝わり、現在は村内14集落で継続している。28もの演目がある国の重要無形文化財である。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

潮岬灯台

本州最南端の紀伊半島・潮岬に建つ灯台。開国直前の「改税条約」に基づいて建設した8基の灯台のうちの1つで、紀伊半島沖は海上交通の要衝でありながら、航海が難しい海域でもあったため、潮岬灯台の建設は急ピッチで進められた。

愛知県
愛知県

知多郡美浜町

野間埼灯台

愛知県に現存する最古の灯台。2008年に改修工事が行われた際、レンズが第5フレネル式からLED灯器に変更された。灯台周辺を囲う高さ2.5mの鉄柵は、南京錠を掛けて恋愛が成就を願うカップル向けのスポットとしても広く認知されている。

兵庫県
兵庫県

淡路市

江埼灯台

1867(慶応39年、江戸幕府と英国公使が兵庫開港に備えて大坂条約締結の際に5つの灯台の建設を約束。その最初に建てられた。「灯台の父」と呼ばれるリチャード・ヘンリー・ブラントンの設計による御影石を使用した石造りの洋式灯台。

宮城県
宮城県

石巻市

大須埼灯台

宮城県・雄勝半島の最東端、大須浜の高台に建つ灯台。第二次大戦後の1949(昭和24)年、大須漁港に出入りする漁船や雄勝半島沖を航行する船舶の航行安全に寄与するために建てられた。

京都府
京都府

京丹後市

経ヶ岬灯台

京都府最北端、丹後半島の断近畿地方の最北端でもある京都・丹後半島の北端に建つ灯台。灯台のレンズはフランス製の第1等フレネルレンズで国内でも貴重なもの。通常は内部に入ることができないが、秋の一定期間のみ一般公開される。

福井県
福井県

丹生郡越前町

越前岬灯台

海抜131mの断崖の上に建つ白亜の灯台。岬からの絶景は「日本の夕陽百選」にも選ばれている。越前海岸周辺は日本海側随一の「日本三大水仙群生地」の1つとして知られ、冬になると灯台は一面に咲く越前水仙に彩られる。

千葉県
千葉県

旭市

飯岡灯台

千葉県北東部、九十九里浜の北端から連な素屛風ヶ浦の南端に位置する刑部岬に建つ灯台。約60mの断崖絶壁から見る絶景は、「日本の朝日百選」や「日本の夜景100選」ほか数々の栄冠に輝いている。また、灯台周辺は上永井公園として整備され、展望館も新設された。

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

三重県
三重県

鳥羽市

菅島灯台

三重県鳥羽市の沖にある菅島に建つ灯台。現役灯台としては日本最古のレンガ造灯台で、ブラントンの設計による搭形は歴史的価値の高さを認められ、Aランクの保存灯台に指定されている。

千葉県
千葉県

いすみ市

太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE