海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 千葉県 いすみ市 太東埼灯台

千葉県 いすみ市 太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

灯台データ

  • 初点灯: 1950(昭和25)年
  • 灯台の高さ: 16m
  • 灯りの高さ: 72m
  • 形状: 白亜塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 不明
  • レンズ: 不明
  • 構造: 不明
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:人気の日の出スポット

灯台が建つのは、夷隅地域に位置する大原を中心とする「いすみ市」。日本で太陽がいち早く昇る地域としても知られる。なかでも太東埼灯台の展望台は、人気の初日の出スポットとして毎年たくさんの人が訪れる。

気象:房総特有の2種類の気候が入り混じる

青い海と緑に恵まれたいすみ市は、「海洋性気候」「内陸性気候」の2種類が入り混じる地域。沿岸部は海洋性気候で1年を通して温暖である。降雨量は顕著で、穏やかな冬季でも降水量がある。

歴史:合併を繰り返して誕生

「夷隅町」「原町」「岬町」の合併により誕生した「いすみ市」。「旧夷隅町」は1町2村、「旧原町」は3村(とその一部)、「旧岬町」は2村と2村、合計4村が合併した町。「いすみ市」の歴史は合併の歴史ともいえる。

文化:葛飾北斎に影響を与えた人物

いすみ市に多数の作品が残る江戸時代の宮彫師、波の伊八こと武志伊八郎信由。同世代に活躍した葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」のひとつ「神奈川沖浪裏」などの画風に強く影響を与えたと言われている。

漁業:赤く美しく美味しい「伊勢海美」

日本一のイセエビ漁獲量を誇るいせすみ市。寒流と暖流が交わる大原沖の器械根、岩礁で育ったイセエビは、荒波に揉まれ身が締まり、色、艶共にすぐれ、大ぶりで形がよく濃厚な味が特徴。「伊勢海美」としてブランド化されている。

農業:献上米だった「いすみ米」

いすみ市の米は、マグネシウムをバランスよく含んだ粘土質の土壌で育てられている。特に夷隅地域で作られる「いすみ米(国吉米)」は古くは献上米として扱われていた歴史も有している。

食文化:山の幸と海の幸の出会い

いすみ市の中央を流れる夷隅川は、「いすみ米」の良質な米作りに最適な肥沃な土壌を運び、里山と里海を結ぶ。河口の先に広がる岩礁地帯「器械根」では、イセエビ、タコ、サザエ、アワビなど豊富な魚介類が育つ。

祭り:伝統の秋祭り「大原はだか祭り」

9月下旬の2日間に渡り行われる雄壮な祭り。始まりは江戸時代。五穀豊穣と大漁祈願を願い、初日に大原海岸で行われる「汐ふみ」では18基もの神輿が次々と海へと担ぎ込まれていく。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

高知県
高知県

土佐清水市

足摺岬灯台

四国の最南端に建つ灯台。第二次世界大戦中に米軍機の機銃掃射を受けた歴史を持つこの灯台は、老朽化に伴いデザイン灯台へと一新。そのロケット型のフォルムには地域発展・世界平和などの願いが込められている。

福井県
福井県

丹生郡越前町

越前岬灯台

海抜131mの断崖の上に建つ白亜の灯台。岬からの絶景は「日本の夕陽百選」にも選ばれている。越前海岸周辺は日本海側随一の「日本三大水仙群生地」の1つとして知られ、冬になると灯台は一面に咲く越前水仙に彩られる。

広島県
広島県

竹原市

大久野島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

石川県
石川県

七尾市

能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

潮岬灯台

本州最南端の紀伊半島・潮岬に建つ灯台。開国直前の「改税条約」に基づいて建設した8基の灯台のうちの1つで、紀伊半島沖は海上交通の要衝でありながら、航海が難しい海域でもあったため、潮岬灯台の建設は急ピッチで進められた。

青森県
青森県

下北郡東通村

尻屋埼灯台

東北初の洋式灯台。古くから難破船の多い岬として恐れられていた尻屋崎。明治に入り世界各国との貿易を進めるにあたり船舶安全のために建てられた。レンガ造灯台としては高さ日本一を誇る。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

秋田県
秋田県

男鹿市

入道埼灯台

日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができる。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE