海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 沖縄県 石垣市 平久保崎灯台

沖縄県 石垣市 平久保崎灯台

八重山列島の石垣島北部にのびる平久保半島の北端、平久保先に位置。17世紀に平久保遠見台が置かれ、往来する外国船の監視が行われていた歴史を持つ。現在建つのは日本復帰前に琉球政府が建設したもの。

灯台データ

  • 初点灯: 1965(昭和40)年
  • 灯台の高さ: 13m
  • 灯りの高さ: 74m
  • 形状: 白色・塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 不明
  • レンズ: LED
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:石垣島の最突端

平久保崎は野底半島、平久保半島からなる細長い形状の石垣島の一番端のとてものどかな地域。空港から車で40分ほどと島内の最果てに位置し、灯台の向こう側には海岸線まで見渡せる絶景が広がる。

気象:1年を通して温暖な気候

乾季と雨季に分かれる亜熱帯気候の石垣島。真冬でも10℃以下になることはほとんどなく、年間を通じて温かい。一方、夏の平均気温も吹き抜ける風のおかげで30℃以下と、意外と過ごし易い地域である。

歴史:4度の大津波を乗り越えた島

石垣島は過去、600年に1度の割合で4度の大津波に襲われている。島には3大昔話として「戦争マラリア」「人頭税」「明和の大津波」が島民を苦しめたものとして、今も語り継がれている。

伝説:野原村に伝わる「人魚伝説」

島の北東部・野原村(ぬばれむら)には、江戸時代に人魚が掴まったという伝説が残されている。その際、海へ返してもらう代わりに人魚が「恐ろしい津波(明和の大津波)が島を襲う」ことを告げたという。

漁業:海のダイヤ「クロマグロ」

石垣島では、近海で年中水揚げされる肉厚の白身魚「グルクン」をはじめ、さまざまな魚が食される。なかでも4月中旬~6月中旬は「海のダイヤ」と言われ高値で取引される「クロマグロ」が最も旬の時期だ。

農業:石垣島はパイナップル天国

海と大地を熱く照らす太陽の光を浴びて育てられたパイナップルは島の特産品。1930年代の日本統治時代、台湾からの移民により水牛耕作の技術とともにパイナップル栽培のノウハウも持ち込まれた。

食文化:健康に良いユーグレナ

石垣島では、体に良いとされる「ユーグレナ(ミドリムシ)」の大量培養に世界で初めて成功。ユーグレナはワカメやコンブといった藻の一種で、さまざまな健康効果を期待される海にも縁ある食物である

芸能:映画・音楽文化を発信

平久保崎灯台は、石垣市出身の音楽ユニット・BEGINをモデルにした映画『恋しくて』のロケ地にも選ばれた場所。2020年11月には石垣島で新しい映画祭「石垣島ゆがふ国際映画祭」がスタート予定。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

石川県
石川県

珠洲市

禄剛埼灯台

明治期、能登半島の最突端、珠洲市の禄剛崎に建てられた石造の灯台。レンズを固定させ、遮蔽板を回転させることで灯火を点滅させる珍しい手法を用いた。石材を人力で崖下から運ぶ難工事の末に完成。

兵庫県
兵庫県

美方郡香美町

余部埼灯台

灯りの高さが日本一の灯台。「日本の夕陽百選」にも選ばれた日本海を一望できる高台からは、夏場になると幻想的で美しいイカ釣り漁船の漁火を見ることができる。地元では地名をとった「御崎灯台」の名で親しまれる。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

北海道
北海道

厚岸郡浜中町

湯沸岬灯台

北海道随一となる実効光度82万カンデラの灯台。急に濃い霧が立ち込めることから「霧多布岬」との通称を持つ湯沸岬に建つ。危険区域である沖合約3kmの岩礁「帆掛岩」を照らす赤色の照射灯が併設されている。

鹿児島県
鹿児島県

指宿市

薩摩長崎鼻灯台

開聞岳の東側、長崎鼻の突端に1957(昭和32)年に建てられた比較的新しい灯台。風光明媚な観光地にふさわしいフォルムにと特別に設計されたデザインで、錦江湾に出入りする、または東シナ海を航行する船舶の道標としての役割を担う。

愛知県
愛知県

知多郡美浜町

野間埼灯台

愛知県に現存する最古の灯台。2008年に改修工事が行われた際、レンズが第5フレネル式からLED灯器に変更された。灯台周辺を囲う高さ2.5mの鉄柵は、南京錠を掛けて恋愛が成就を願うカップル向けのスポットとしても広く認知されている。

北海道
北海道

網走市

能取岬灯台

大正時代、逓信省による航路標識事業で建てられた灯台。霧信号所も設置され、1948(昭和23)年までは灯台守が併設の宿舎に住んでいた。流氷により航行が途絶える2~3月は業務を休止していた。

秋田県
秋田県

男鹿市

入道埼灯台

日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができる。

島根県
島根県

松江市

美保関灯台

島根半島東端の地蔵崎の先端に位置する灯台。山陰最古の石造灯台で、岬からは日本海を望み、晴れた日には隠岐の島を見ることもできる。2007年には灯台として初めて国の登録有形文化財に登録された

岩手県
岩手県

大船渡市

碁石埼灯台

末崎半島の先端となる碁石岬に建つ灯台。沿岸小型標識として、入り組んだ沿岸や大船渡湾などを航行する船舶の目標として設置された。三陸復興国立公園に指定された碁石海岸の一角として、灯台周辺は整備されている。

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から長崎、普賢岳のパノラマの眺望は絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE