海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 石川県 七尾市 能登観音埼灯台

石川県 七尾市 能登観音埼灯台

大正時代、七尾湾を航行する船舶の安全を確保するため石川県が建設。当初は七尾湾口灯台と名付けられたが、1966(昭和41)年に現在の名称に。1986(昭和61)年、機器自動化に伴い、形も四角形ビルディング型から白色塔形に建て替えられた。

灯台データ

  • 初点灯: 1914(大正2)年
  • 灯台の高さ: 11.83m
  • 灯りの高さ: 32.3m
  • 形状: 白色塔形(建設当時は白色四角形)
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約30km
  • レンズ: 不明
  • 構造: 不明
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:七尾湾の景勝地、観音崎

七尾市中心部より北東へ伸びた崎山半島。その先端に位置し日本海に面する観音崎に灯台は建つ。岬の先端から石の堤防伝いに渡れる観音島には観音堂が設置され、小口瀬戸を挟み七尾湾に浮かぶ能登島と向き合っている。

気象:年間降水量多め

日本海に突き出た能登半島の中ほどに位置する七尾市の年間の平均気温は13.6℃。日本海側の気候で、年間降水日数は多く、冬季には雪が積もる。積雪日数は50日程度と北陸地方の中では比較的少なめ。多いときでも30cm程度の積雪。

歴史:能登の政治・経済・文化の中心地

能登半島の中間に位置する七尾市は、海と山に囲まれた自然豊かな土地。七尾湾が栄えたことにより、能登の政治・経済・文化の中心地として発展した。安土桃山時代を代表する絵師・長谷川等伯の故郷としても有名。

伝説:湯脈発見伝「白鷺伝説」

近接の観光地、和倉温泉には日本でも珍しい海の温泉が湧き出る。その昔、漁師夫婦が七尾湾の沖合で傷ついた足を癒すシラサギを見つけ近づいたところ、その場所に温泉が湧き出ていたという伝説が残されている。

漁業:定置網漁業発祥の地

戦国時代の末期から漁業が始まり、古くから定置網漁業が盛んな地域。1579年には織田信長に出世魚「鰤」を献上した記録もあり、定置網漁業発祥の地の一つとされる。トラフグ、マフグ、ゴマフグ、シロサバフグなど多様なフグが水揚げされる。

農業:2種類の「能登野菜」

粘りの強い赤土の土壌が作物に独特の風味を与えている。能登の風土を活かして生産された「能登野菜」には古くから栽培されている「能登伝統野菜」と能登を代表する野菜「能登特産野菜」の2種がある。

食文化:豊富な食材の保存性を高める「発酵食品」

海山野潟から豊富な食材が獲れるこの地では、保存性を高める目的で「発酵」技術が上手に使われてきた。発酵の基本材料となる豊富な米と塩が採れたことも発酵文化の発展に一役買っている。

伝統工芸:ゆらぎに癒し効果あり「七尾和ろうそく」

芯に和紙を用い、植物油を使用する和ろうそく。希少伝統工芸品の「七尾和ろうそく」は、すすが出にくく、炎が消えにくいのが特徴。炎のゆらぎを見ているだけで、癒し効果があると言われている。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

新潟県
新潟県

糸魚川市

能生港灯台

日本海に浮かぶ岩礁「弁天岩」の上に建つ観光灯台。現在は現役灯台としての役目を終え、シンボル的存在に。海岸から岩へは赤い欄干の「曙橋」でつながり、灯台の足元には海の守り神を祀る厳島神社が鎮座する。

沖縄県
沖縄県

中頭郡読谷村

残波岬灯台

沖縄本島、東シナ海に面する残波岬の突端に建つ。終戦後、米軍の実弾練習場だった場所に建てられた白亜の灯台で、日本返還後に初点灯。灯台周辺は現在、沖縄海岸国定公園に指定され、沖縄本島有数のスポットとなっている。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

樫野埼灯台

和歌山県串本町の東の沖合約1.8kmにある「紀伊大島」にたたずむ、日本で最初の石造灯台。灯台のそばにある螺旋階段から上ることができ、断崖から太平洋を望む。

三重県
三重県

鳥羽市

菅島灯台

三重県鳥羽市の沖にある菅島に建つ灯台。現役灯台としては日本最古のレンガ造灯台で、ブラントンの設計による搭形は歴史的価値の高さを認められ、Aランクの保存灯台に指定されている。

富山県
富山県

高岡市

岩崎ノ鼻灯台

高岡市内唯一の灯台。海の玄関・伏木港が重要港湾に指定された同年に初点灯。以来、富山湾を往来する船舶の安全を見守り続けてきた。春には建設時に植栽された桜が美しい花を咲かせるため、「桜の灯台」と呼ばれる。

北海道
北海道

檜山郡江差町

鴎島灯台

かつてニシン漁や北前船の交易場として賑わいを見せた鴎島に建つ灯台。沖合500mに浮かぶこの島の航路標識である灯台は、現在は外側に階段と手すりが取り付けられ、自由に登れる展望台として訪問客を楽しませている。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

福井県
福井県

敦賀市

立石岬灯台

西洋技術の導入初期である明治時代に建設された歴史的灯台。現存する64基のうちの1基。敦賀港最初の文明施設となるこの灯台は、港湾都市・敦賀の将来の発展を象徴するモチーフとして市章にも使用されている。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から眺望する長崎、普賢岳のパノラマは絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

北海道
北海道

厚岸郡浜中町

湯沸岬灯台

北海道随一となる実効光度82万カンデラの灯台。急に濃い霧が立ち込めることから「霧多布岬」との通称を持つ湯沸岬に建つ。危険区域である沖合約3kmの岩礁「帆掛岩」を照らす赤色の照射灯が併設されている。

静岡県
静岡県

下田市

爪木埼灯台

伊豆半島の東海岸から太平洋に突き出た須崎半島の先端に建つ灯台。周辺は爪木崎自然公園として整備されている。野水仙の群生地であり、冬場のピーク時には300万本もの水仙が咲き誇り、遊歩道となって灯台へと誘う。

香川県
香川県

高松市

高松港玉藻防波堤灯台

1964(昭和39)年に「高松港西防波堤灯台」として初点灯。後年、港湾事業によって北側へと伸びた防波堤の先端へ移設される。赤基調の灯台で、「赤灯台」「せとしるべ」の愛称で高松港のランドマークとしても親しまれる。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE