海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 北海道 積丹郡積丹町 神威岬灯台

北海道 積丹郡積丹町 神威岬灯台

アイヌ語で「神」を意味する“カムイ”の名を冠する灯台。灯台へ続く遊歩道「チャレンカの小道」は起伏に富み、300度で見渡せる丸い水平線や神秘的な「積丹ブルー」の海など、まさに神の領域のような絶景の中に建つ。

灯台データ

  • 初点灯: 1888(明治21)年
  • 灯台の高さ: 12m
  • 灯りの高さ: 82m
  • 形状: 白地に黒横帯1本 塔形
  • 灯質: 単閃白光
  • 光達距離: 約43km
  • レンズ: LB-90型
  • 構造: コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:北海道唯一の海域公園

火山活動の隆起によってできた積丹半島は、長い年月をかけ侵食されたため海抜80mの断崖絶壁や奇岩「神威岩」など複雑な地形を有し、北海道で唯一の海域公園「ニセコ積丹小樽海岸国定公園」に指定されている。

気象:季節風が招く風と波

対馬海流の影響で夏、冬ともにしのぎやすいが、季節風を正面から受けるため雨や雪は多く、風・波も厳しい。

歴史:海難事故を防ぐため「女人禁制」に

源義経を慕い海に身を投げたアイヌの乙女の悲劇「チャレンカ伝説」が伝わるこの地。岬沖は暗礁が多く海難事故が多発したため、女性が海神の怒りを招くとして江戸時代前期から1855年の解禁まで神威岬は「女人禁制」に。

信仰:天狗と神輿が火渡りする「美国の火祭り」

海の安全と豊漁を祈願する美国神社の例大祭。漁船や神輿の“海上渡御”や、神社に戻る際に猿田彦(天狗さん)が火で身体を清める “天狗の火渡り”の神事が有名。

漁業:評価の高い積丹のウニ

明治から昭和初期にかけてニシン漁の大漁場として栄えた積丹町は、現在もサケやタラの好漁場となっているほか、とりわけウニは全国的なブランドとして評価が高い。

その他:積丹の地酒「丹水」

ニセコ産の酒米“吟風”と積丹岳や余別岳などの伏流水で造られた地酒「丹水」。辛口の純米酒と甘口の純情酒の2種類あり、積丹町内のみで限定販売されている。

食文化:

6月~8月に漁が解禁されるウニを使ったウニ丼が有名。また北海道の郷土料理として愛される三平汁はニシンやタラの塩漬け・麹漬けを根菜類と煮込んだ冬の名物。

伝統芸能:ソーラン節の故郷

ニシン漁の全盛期時代に、網をくみ上げる際の拍子とりで歌われたという「正調鰊場音頭」。四編から成り、そのうちの一編のソーラン節が各地に伝搬したとされる。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

三重県
三重県

鳥羽市

菅島灯台

三重県鳥羽市の沖にある菅島に建つ灯台。現役灯台としては日本最古のレンガ造灯台で、ブラントンの設計による搭形は歴史的価値の高さを認められ、Aランクの保存灯台に指定されている。

山口県
山口県

下関市

角島灯台

日本海側に造られた灯台としては初の大型灯台。無塗装の灯台は日本に2基あるが、そのうちの1つ。レンズは日本に5基しかない第1等フレネルレンズで、高い歴史・文化的価値を認められており、常時一般公開されている「参観灯台」でもある。

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

長崎県
長崎県

長崎市

伊王島灯台

1866(慶応2)年、米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約により、全国8ヶ所に設置された灯台の一つ。日本初の鉄造六角形の洋式灯台でもある。灯台のドーム型の天井部分は、原爆の被害を受けつつも、そのままの形状に復元された

宮城県
宮城県

石巻市

大須埼灯台

宮城県・雄勝半島の最東端、大須浜の高台に建つ灯台。第二次大戦後の1949(昭和24)年、大須漁港に出入りする漁船や雄勝半島沖を航行する船舶の航行安全に寄与するために建てられた。

高知県
高知県

土佐清水市

足摺岬灯台

四国の最南端に建つ灯台。第二次世界大戦中に米軍機の機銃掃射を受けた歴史を持つこの灯台は、老朽化に伴いデザイン灯台へと一新。そのロケット型のフォルムには地域発展・世界平和などの願いが込められている。

北海道
北海道

檜山郡江差町

鴎島灯台

かつてニシン漁や北前船の交易場として賑わいを見せた鴎島に建つ灯台。沖合500mに浮かぶこの島の航路標識である灯台は、現在は外側に階段と手すりが取り付けられ、自由に登れる展望台として訪問客を楽しませている。

神奈川県
神奈川県

三浦市

城ヶ島灯台

日本で5番目に点灯した洋式灯台。初代はフランス人技師・ヴェルニーにより設計されたが、関東大地震で倒壊し、現在の姿に再建された。同じ島内の東側に建つ安房埼灯台とは、“ペア灯台”として知られている。

新潟県
新潟県

糸魚川市

能生港灯台

本海に浮かぶ岩礁「弁天岩」の上に建つ観光灯台。現在は現役灯台としての役目を終え、シンボル的存在に。海岸から岩へは赤い欄干の「曙橋」でつながり、灯台の足元には海の守り神を祀る厳島神社が鎮座する。

新潟県
新潟県

新潟市西蒲区

角田岬灯台

佐渡海峡を渡る船舶の道しるべとなる灯台。灯台の足元には、源頼朝に追われた義経が舟と共に身を隠したとされる名勝「判官舟かくし」が顔をのぞかせ、眼下には日本海の大パノラマと角田浜の白い砂浜が広がる。

福井県
福井県

敦賀市

立石岬灯台

西洋技術の導入初期である明治時代に建設された歴史的灯台。現存する64基のうちの1基。敦賀港最初の文明施設となるこの灯台は、港湾都市・敦賀の将来の発展を象徴するモチーフとして市章にも使用されている。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE