海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 長崎県 長崎市 伊王島灯台

長崎県 長崎市 伊王島灯台

1866(慶応2)年、米・英・仏・蘭の4ヶ国と結ばれた江戸条約により、全国8ヶ所に設置された灯台の一つ。日本初の鉄造六角形の洋式灯台でもある。灯台のドーム型の天井部分は、原爆の被害を受けつつも、そのままの形状に復元された。

灯台データ

  • 初点灯: 1871(明治4)年
  • 灯台の高さ: 11.5m
  • 灯りの高さ: 64.4m
  • 形状: 白色・塔形
  • 灯質: 群閃白光
  • 光達距離: 約38km
  • レンズ: LB-M60型灯器
  • 構造: 鉄筋コンクリート造
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:長崎港の入口、伊王島

伊王島は長崎港の沖合10kmに浮かぶ離島。2011年に伊王島大橋が開通し、対岸の香焼町と陸続きとなり車での気軽なアクセスが可能に。伊王島灯台、馬込教会、伊王島海水浴場などがあり、リゾートアイランドとして人気のスポット。

気候

リゾート地でもある島は年間を通して穏やかな気候で、冬でも比較的暖かく快適に過ごせ、島内サイクリングや夏の海水浴は特に人気が高い。また温暖な気候から磯釣りや船釣りも1年中楽しめ、釣りファンからも人気。

歴史:炭鉱の島からリゾート地へ

かつては炭鉱の島として栄えた伊王島は、閉山後に農漁業に注力。伊王島大橋の開通により、近年は観光業も推進されている。島民の半数以上がカトリック信者で、島内には守り続けた信仰の証が多数残されている。

伝説:伊王島の「伊王」の由来

古くは祝島(いはふじま)、硫黄島(おわうじま)とも呼ばれた伊王島。現在の「伊王」の名は、「祝ふ」や「硫黄」の当て字ではなく、昔の中国の海神、または漁夫の神様の名前が由来であるという説も残されている。

漁業:島名には魚が豊富な島の意味も

古くは魚を「いを」と言っていたことから、豊富な漁場に浮かぶこの島を「いをしま」と読んでいたという説もあるほど、漁業の町として知られている。長崎県は北海道に次いで漁獲高は全国2位。魚種250種という多種の魚が揚がる。

農業:オリーブ栽培が盛んな島

炭鉱閉鎖後は、農漁業兼業中心となった農業も盛んな島。近年では、新たな特産品としてオリーブの栽培を開始。島にはオリーブの木もたくさんあり、港近くにはオリーブ公園も。オリーブを使ったオイルやコスメはお土産としても人気。

食文化:鯨は地元の大切な食文化

海や山に囲まれ、外国からの文化が入ることで、ちゃんぽん、皿うどん、卓袱料理、カステラなどは食文化の融合から生まれた独特の名物が多い。小学や祝い事の際に食卓に上がる鯨は、長崎の人々にとっても大切な食文化。

芸能:昭和の名優も訪れた島

ピンクのツツジが咲き誇る季節、青い海と白亜の伊王島灯台が映える美しさ風景は、映画のロケ地としても人気。高倉健最後の主演映画『あなたへ』にも登場し、名作のロケ地を巡る「聖地巡礼スポット」としても脚光を浴びている。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

青森県
青森県

西津軽郡深浦町

艫作埼灯台

白神山地を仰ぐ青森県深浦町の海岸線に建つ灯台。日本海北部の灯台では最大級の高さを誇る。青森県北部の龍飛岬と秋田県男鹿半島の入道崎の中間に位置し、漁船や南北を航行する船を広範囲に見守る。

広島県
広島県

三原市

佐木島灯台

瀬戸内海に浮かぶ佐木島の北部にある小型の灯台。佐木島の周辺には島が多く、フェリーでの行き来が主な交通手段となっている。佐木島の港へ入る船上から、豊かな緑に囲まれた灯台の姿を見ることができる。

秋田県
秋田県

男鹿市

入道埼灯台

日本海を望む男鹿半島に建つ白黒のシマ模様をした灯台。全国に16基ある参観灯台の1つ。初点灯100周年を記念して設置された灯台資料展示室では、当時使用していたレンズほか灯台の関係資料を閲覧することができる。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から眺望する長崎、普賢岳のパノラマは絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

三重県
三重県

志摩市

大王埼灯台

三重県志摩半島の大王崎の突端に建つ。大正時代、大王崎周辺の海では多くの人命を失う海難事故が続出。地元の船頭も「波切大王なけりゃよい」と嘆き謡うほどの難所に、地元から声が寄せられ灯台が誕生した。

岡山県
岡山県

笠岡市

六島灯台

岡山県の最南端とされる「六島(むしま)」に建つ灯台。大型船舶が往来する海域ながら、潮流が速く事故が多発していた六島と香川県・荘内半島の海域の安全のために建てられた。現在も不動フレネル式レンズを残す貴重な灯台でもある。

北海道
北海道

積丹郡積丹町

神威岬灯台

アイヌ語で「神」を意味する“カムイ”の名を冠する灯台。灯台へ続く遊歩道「チャレンカの小道」は起伏に富み、300度で見渡せる丸い水平線や神秘的な「積丹ブルー」の海など、まさに神の領域のような絶景の中に建つ。

島根県
島根県

出雲市

出雲日御碕灯台

島根県出雲市にある「島根半島」の西端に建つ灯台で、石造の灯台としては43.65mと日本一の高さを誇る。全国に5基しかない第1等フレネルレンズが現役で稼働している灯台で、その文化的価値も高く評価されている。

山形県
山形県

鶴岡市

鼠ヶ関灯台

源義経が頼朝の追討を逃れ、平泉へと渡る途中で上陸したという伝説が伝わる弁天島に建つ灯台。島の手前に厳島神社、灯台の足元には赤い鳥居の金毘羅神社と2つの神社が設置され、鼠ヶ関の漁民の安全を見守っている。

千葉県
千葉県

いすみ市

太東埼灯台

千葉県南東部、九十九里浜の南端の高台に建つ円形中型灯台。当初、海沿いに建てられた灯台は海岸浸食で倒壊の恐れが生じ、1972(昭和47)年、100m後方の現在の場所へ移築された。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

鹿児島県
鹿児島県

指宿市

薩摩長崎鼻灯台

開聞岳の東側、長崎鼻の突端に1957(昭和32)年に建てられた比較的新しい灯台。風光明媚な観光地にふさわしいフォルムにと特別に設計されたデザインで、錦江湾に出入りする、または東シナ海を航行する船舶の道標としての役割を担う。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE