海と灯台のまち

海と灯台のまち紹介 広島県 三原市 佐木島灯台

広島県 三原市 佐木島灯台

瀬戸内海に浮かぶ佐木島の北部にある小型の灯台。佐木島の周辺には島が多く、フェリーでの行き来が主な交通手段となっている。佐木島の港へ入る船上から、豊かな緑に囲まれた灯台の姿を見ることができる。

灯台データ

  • 初点灯: 1955(昭和30)年
  • 灯台の高さ: 6.3m
  • 灯りの高さ: 27m
  • 形状: 白塔形
  • 灯質: 単明暗白光
  • 光達距離: 約7.4km
  • レンズ: LED灯器(詳細不明)
  • 構造: 不明
  • 設計者: 不明

地理データ

地理:周囲10kmの島に建つ灯台

佐木島の玄関口である鷺港から徒歩で6分ほどの小高い岬の上に佐木島灯台が建っている。島の周囲を通る道路は全長約10kmで、散策しながら歩いて回ることもできる。

気象:豊かな緑を育む温暖な気候

瀬戸内型の穏やかな気候で、一年を通して過ごしやすい。島内には豊かな自然が息づき、島の南西部にある「塔の峰千本桜」をはじめ、季節の花々が島を彩る。

歴史:離島での生活を伝える映画にもゆかり

北の沖にある小佐木島で縄文土器が出土するなど、古くから人が住んでいた。近海にある宿禰島は映画「裸の島」のロケ地にもなり、島を眺めに訪れる人も増えた。

信仰:日常的に巡礼可能な「88ヶ所お大師めぐり」

四国88ヶ所巡礼にちなみ、大正時代から佐木島でも88ヶ所巡りが行われている。石鎚山真言宗鷺浦教会を出発し島を一周するコースで、少しずつ順序や場所を変えながら現在にも残る。

漁業:島民に漁師はいない?

島としては珍しく、漁業を行う家がない。島の南部の向田港に地蔵像があり、この像の周辺では殺生が禁じられていることから、漁をする家がないと考えられている。

その他:島の地形を活用したスポーツ・観光振興

トライアスロンの大会が行われるなど、島のコンパクトさと海・山の地形を生かして多くの人を呼び込んでいる。砂浜でウォーキングやヨガを行う「海浜セラピー」も催される。

食文化:太陽の恵みで育った柑橘のお菓子

佐木島では一部の住民によって農業が営まれ、瀬戸内の温暖な気候を利用した柑橘類の栽培が盛ん。特にザボンの一種「ばんぺいゆ」の皮を使ったお菓子「かひねり」が生産されている。

伝統芸能:戦国時代の祝い踊りが現代に残る

三原湾内での築城を祝った「やっさ踊り」が市内に伝わる。決まった型はなく三味線や太鼓、笛のお囃子に合わせて踊るもので、8月には大規模なイベントが行われる。

灯台

海と灯台のまち紹介その他の海と灯台のまち紹介

福井県
福井県

敦賀市

立石岬灯台

西洋技術の導入初期である明治時代に建設された歴史的灯台。現存する64基のうちの1基。敦賀港最初の文明施設となるこの灯台は、港湾都市・敦賀の将来の発展を象徴するモチーフとして市章にも使用されている。

広島県
広島県

竹原市

大久野島灯台

広島県竹原市に属し、瀬戸内海に浮かぶ大久野島に建つ灯台。難所とされる「来島海峡」を避けるための航路に置かれた航路標識の1つで、現在のものは2代目。初代の大久野島灯台は香川県の「四国村」に移設されている。

青森県
青森県

西津軽郡深浦町

艫作埼灯台

白神山地を仰ぐ青森県深浦町の海岸線に建つ灯台。日本海北部の灯台では最大級の高さを誇る。青森県北部の龍飛岬と秋田県男鹿半島の入道崎の中間に位置し、漁船や南北を航行する船を広範囲に見守る。

沖縄県
沖縄県

石垣市

平久保埼灯台

八重山列島の石垣島北部にのびる平久保半島の北端、平久保先に位置。17世紀に平久保遠見台が置かれ、往来する外国船の監視が行われていた歴史を持つ。現在建つのは日本復帰前に琉球政府が建設したもの。

熊本県
熊本県

上天草市

湯島灯台

江戸時代、島原の乱の戦略上の要衝となった湯島の西端に建つレトロな灯台。島の高台から島原湾、湯島瀬戸を往来する船を照らす。灯台周辺から眺望する長崎、普賢岳のパノラマは絶景。晴れた日には世界遺産の原城跡が望める。

徳島県
徳島県

阿南市

蒲生田岬灯台

四国の最東端、徳島県阿南市の蒲生田岬に建つ灯台。高知県にもまたがる室戸阿南海岸国定公園に属する。蒲生田岬灯台と紀伊日ノ御埼灯台(和歌山県)を結んだラインまでが瀬戸内海と定義される重要な灯台。

京都府
京都府

京丹後市

経ヶ岬灯台

京都府北部にある丹後半島の最北端に建つ灯台。灯台のレンズはフランス製の第1等フレネルレンズで国内でも貴重なもの。通常は内部に入ることができないが、秋の一定期間のみ一般公開される。

岩手県
岩手県

下閉伊郡普代村

陸中黒埼灯台

1947(昭和22年)に地元漁協が「普代灯柱」として設置。三陸復興国立公園の海岸段丘の景勝地に建ち、青い海と山の緑にひときわ映える白亜の灯台。北緯40度線上の灯台として、日本海側の入道埼灯台(秋田県雄鹿半島)と対をなす。

和歌山県
和歌山県

東牟婁郡串本町

潮岬灯台

本州最南端の紀伊半島・潮岬に建つ灯台。開国直前の「改税条約」に基づいて建設した8基の灯台のうちの1つで、紀伊半島沖は海上交通の要衝でありながら、航海が難しい海域でもあったため、潮岬灯台の建設は急ピッチで進められた。

大分県
大分県

佐伯市

鶴御埼灯台

九州最東端、鶴御崎の標高150mに位置する灯台。鶴御崎は軍事上の要衝であった歴史を有し、鶴御埼砲台跡地に建てられた灯台は豊後水道を行き交う船舶の安全を見守っている。灯台から少し歩いた先の展望台は紺碧の海が広がる絶景スポット。

北海道
北海道

檜山郡江差町

鴎島灯台

かつてニシン漁や北前船の交易場として賑わいを見せた鴎島に建つ灯台。沖合500mに浮かぶこの島の航路標識である灯台は、現在は外側に階段と手すりが取り付けられ、自由に登れる展望台として訪問客を楽しませている。

北海道
北海道

厚岸郡浜中町

湯沸岬灯台

北海道随一となる実効光度82万カンデラの灯台。急に濃い霧が立ち込めることから「霧多布岬」との通称を持つ湯沸岬に建つ。危険区域である沖合約3kmの岩礁「帆掛岩」を照らす赤色の照射灯が併設されている。

海と灯台のまち紹介
海と灯台のまち連絡会について

海と灯台のまち連絡会について

美しい灯台を含む、そのランドスケープを町づくりに生かす志をもった先駆的な自治体を「海と灯台のまち」とし、連絡会を設置します。

MORE
構成自治体

構成自治体

「海と灯台のまち連絡会」は、全国灯台文化価値創造プロジェクト(「恋する灯台のまち認定自治体)に参画する49市町村(2020年現在)によって構成されます。

MORE
海と灯台のまち紹介

海と灯台のまち紹介

「海と灯台のまち」に立つ「灯台」を中心に、地理、歴史、進行、産業、伝統文化、食文化など多角的に掘り下げ、その地域の特色と「灯台」の魅力を浮き彫りにしていきます。

MORE
恋する灯台について

恋する灯台について

「海と灯台のまち」連絡会の構成自治体に立つ「灯台」は、すベて「恋する灯台」の認定灯台です。

MORE